全身脱毛を決意する経緯と、してみて感じたことについて

脱毛サロンは高額なイメージ

脱毛サロンは高額なイメージ全身脱毛プランに申し込み実体験の話脱毛したことで世界が変わる

子供の頃から自分の毛深さが気になっていました。
自意識過剰かもしれないけれど、他人が自分の顔のうぶ毛や腕を見ているような気がして、目を合わせるのや半袖を着るのがイヤだったほどです。
いつも長袖を着るようになり、中学生以降はとにかく毛を剃って過ごしていました。
大学生や働くようになると、脱毛器を買いました。
脱毛サロンは高額なイメージだったのと、恥ずかしい気持ちがして自分で処理しようと思ったのです。
学生の身には数万円の脱毛器は贅沢品でしたが、バイト代をつぎ込みました。
腕・足・脇などをしてみましたが、効果は半分くらいです。
完璧には脱毛は出来ないし、背中を施術することは出来ません。

水泳をしているのでデリケートゾーンもすごく気になるのですが、自分では出来ませんでした。
ある日、水泳の教室で10歳年上の女性が全身脱毛の話をしていて、気軽に何でも質問に答えてくれたことで全身脱毛に対するイメージがガラッと変わる経験がありました。
スタッフは数えきれないほど毛の処理をしているので、恥ずかしさなど感じる必要はないと聞いたことでスッと胸のつかえが下りました。
他にもプランの内容や金額面のことを聞き、想像していたより高額ではないこともわかりました。
一生ムダ毛に頭を悩ませて生きていくことに比べたら、払ってもいい料金に思えました。